品質・製造管理について

ISO 9001品質マニュアルに基づいたPDCAサイクルによってすべての業務プロセスを継続的に管理。

不良0をめざします。

    

iso

    

◆企画・デザイン

商品の企画・デザイン段階において、生産技術やコスト・納期等を考慮した綿密な打ち合わせを行い、 商品をデザイン。ダミーサンプルによるプレビュー検証を行います。企画部門が直接製作工場との 折衝を行っており、スムーズな生産段階への指示・引き渡しが可能です。

           
     
           
     
           
     
     

◆工場選定

状況に応じ、国内・中国の協力工場を選定します。工場を選定するにあたり厳しい調査をします。設備の充実度・清潔度・管理体制・労働基準を守るなど伸和企画が定めた基準をクリアした工場と契約し取引します。

           
     
           
     
           
     
           
     
     

◆サンプル確認・検査

     

まず決定商品が、企画・デザインの部門からの仕様書通りに作られているかを確認します。サイズ・色・ロゴなどに違いがないか、また商品によっては強度であったり色落ちなど。成型品ならカケやバリ・樹脂ヒケなどを確認し検査します。例えば、ナイロン製トートバックをオリジナルで作った場合。日本工業規格(JIS)で定められた堅牢度試験、もしくはクライアントの基準に沿った試験を行います。JISやクライアント基準に適合しない場合は改善を指示します。

     

◆生産段階

     

生産段階においても工場に任せっきりではなく、現地工場に確認を行います。体制表・工程表・検品表のチェック、品質の限度見本の作成等により、生産現場での品質への意識の徹底をはかります。状況に応じクライアント担当者様の現場立ち会い確認も考慮した体制を整えております。

     

◆検品

     

検品は、ISOマニュアルに基づいた指示においての工場検品だけでなく、弊社物流センター「ミノックス」においての二次検品の体制を持っています。まずは出荷前に生産数の0.004%の抜き取り検品。問題が合った場合は短期間で全数検品する事も可能といった万全な検品体制を整えております。

           
     
           
     
           
     
     

◆そして「お客様」の手に

     

商品入荷時から保管時の在庫管理・パッケージング等の各種流通加工作業・配送後のトレーサビリティを踏まえたアフターサービスによって、「お客様」のお手元に届くまでの品質管理を行います。途中段階にて外部委託した商品も弊社物流センター「ミノックス」に集約されますので安心の品質をご提供できます。